キャッシング 申し込み

キャッシングの申し込み前に用意するもの(必要な物)

キャッシングの申し込みに必要なものは、本人確認証と収入証明書の2点です。本人確認証は「免許証・保険証・パスポート」などが該当し、申し込みの際には必須となります。 しかし収入証明(所得証明)書は申し込みの金額によっては不要となる場合もあります。

収入証明が不要となるパターン

基本的に小額融資であれば収入証明が必要になるという事はあまりありません。例えば5万円借りたい場合や10万円借りたい場合などは収入証明は不要である場合が多いようです。 しかし50万円以上の限度額で申し込みをすると収入証明が必要となってきます。業者によって限度額100万円以上の場合や200万円以上の場合などの違いはありますが、だいたいの場合は限度額が多くなると収入証明が必要となるようです。

キャッシングの申し込み方法

申し込みの方法は基本的に3種類となります。その3種類は「電話申し込み・インターネット申し込み・無人契約機」となっていて、それぞれ特徴があります。

電話申し込みの場合

電話申し込みの場合は直接金融機関に電話をして、申し込みをするという方法で、電話をするとオペレーター又は自動音声案内に繋がります。 次に利用方法やサービス内容の案内などがあり、申し込みをすると後日資料が届きます。その資料に必要事項を記入して、本人確認などの必要提出物を添付すると審査が始まります。 審査に通るとカードが送られてくるのでそのカードでコンビニATMなどから現金を引き出すという流れになります。

インターネットの場合

金融機関の公式ページにある申し込みページから必要事項を入力して申請をします。メールやFAXなどで本人確認書などの必要提出物を送信します。 早いところだと30分程度で審査が終わり、その日のうちに指定の銀行口座にお金を振り込んで貰えるという流れになります。 そして後日カードが送られてきて、そのカードで自由に限度額までATMなどから現金を引き出す事ができます。

無人契約機の場合

必要書類を持参して無人契約機へ行きます。案内に従い必要書類の提出や利用に関する項目を選択などの手続きをすると審査へと移ります。 審査の段階では待ち時間が発生するので、しばらく待ちます。審査に通過するとカードが発行されるのでそのカードを使い現金を引き出す事ができるようになります。

キャッシング申し込みの流れ

キャッシングは申し込みの際にいくつかの項目を記入して申請をだします。その後審査(30分〜)を経て本人確認などの必要書類を提出します。 必要書類提出の際には自動契約機などに行くと便利ですが、インターネット経由で事前に申し込みをしておくと契約機の前で審査時間を待たずにすみます。 申し込みの際の記入項目に即日融資の希望の有無を選択できますが、その日のうちに借りたい場合でなければ、事前に契約しておく事でその後いつでも好きな時に借りる事ができます。

キャッシング申し込みの記入項目

申し込みの際には様々な項目を記入しなければなりません。 申し込み金額について「当日融資の希望の有無・希望限度額・利用目的(生活費や観光総裁など)」 自分の個人情報「氏名・年齢・性別・家族構成・住所(家賃や入居年月など)・勤め先(勤続年数や給料日など)」 他社での借入状況「○件で○○万円など」

おすすめ消費者金融のランキング